さそり庵



<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


落とされーたー屈辱は~♪

富士見ファンタジア大賞に投げた小説が一次落選で返って来て軽く落ち込んでいる。
誰か慰めたまえ!(・◇・)

冗談冗談(笑)。いや、一時落選だったのは本当ですけれど。

ううむ、門前払いにされてしまった。一次審査に落ちるのは「語る価値無し読む価値無し、小説の体すら成していない」と判断されたものと聞いていますが、今回は思いきり鵜呑みにしようかと。

まあ、その何だ、普段からアイマス2のシナリオに文句垂れ流しておいて、自分で描いたらこの体たらくだったということです。口ばかり達者なトーシロが吠えてたもんですな、まったくお笑いだ。ノベマスをやっていたころも「何故自分の動画は伸びないのか」「反響が無いのか」とさんざ悩みましたが、答えはこれで決まり。単純にその価値がなかった。視聴者の心を動かさなかった。その程度のものでしかなかったからだ。

……と、八つ当たり気味の自虐はこのへんにして、次に向けて動き続けます。
そのニコマスPをやる時間を犠牲にしてやってることだし、花は咲かせたいですね。
アイマスからは逃げる、創作はものにならぬでは本当に救いが無い。シャントット博士に言わせれば「ゴミ以下ね」ということになってしまう。

とっくにそうかもしれないけんども。

ううむ、結局は全編自虐のエントリー。
落選直後ならこんなもんでしょう。

では、また。
[PR]
by sasop | 2013-04-25 16:21 | ときどき雑記

もう一度、自分らしく

密かに視聴していた「とある科学の超電磁砲」第一期、完走しました。

予定調和的に佐天さんにドハマりし、二度ほど涙も流した次第。
ガールズ&パンツァーもそうですが、登場人物が生き生きしている物語は素敵ですね。
素敵といえば、ここぞというときに投入されるあの二大主題歌。曲と物語のシンクロは視聴者の血液を瞬間的に沸騰させてくれます。

でもひとつだけ言わせてください。
きみら、一律年齢+4歳。

いろいろあるけど、特に10話の美琴の気づきは中学生のもんじゃねーよ!(笑)

放送中の二期にはあずみんも御出演ということで、今回はリアルタイム(ニコ生)で追いかけてみようかと。
――それにしてもあずみん演じる「食蜂」さん、てっきり能力名が「クインビー」あたりでその略称かと思ったら、まさかの苗字。世の中にはいろんな名前があるなあ。さその中の人も大概だけど……。
[PR]
by sasop | 2013-04-24 01:05 | ときどき雑記

飛べ飛べ翔太

本日四月二十日は御手洗翔太くんのお誕生日でーす。

大いに祝うがよい。そして翔太はひとつ大人になったんだからあの「♪」を外しなさい。
[PR]
by sasop | 2013-04-20 00:07 | ときどき雑記

木の陰でこそこそ

8thライブツアーの日程が公表されたようですねー。
今回は当たり前のように不参加だけど、興味が無いんじゃなくその動向を「静観」するという意識なのが我ながらなんともはや。
「アイマス最高」と叫ぶ気には到底なれないからチケット戦争には加わらないけど、ライブでもたらされる(であろう)発表の方には大いに注意を払っているこの半端な態度。まぁ大方映画関連の続報なんだろうけど、もしかしたら『3』ないし3rd visionの始動ってことも……あるかもしれないじゃん? 真のことはともあれ、もう一度コンシューマーでアイマスをプレイしたいという気持ちは今もって強いわけで、内心その発表を待ち望んではいるのです。

今ならもう『2』のときみたいな過度の期待や入れ込み方をしないで済むしね。

そのときは、もう真の性格についてはとやかく言わないから、ごくごく無難でもきちんとした物語・人間描写を見せてほしいなあ。
[PR]
by sasop | 2013-04-18 21:09 | ときどき雑記

近況

割と平穏無事です。生きております。あったかいっていいですね。

編集ページで閲覧者数の推移を見ていると、普段は3~6名ほどなのに稀に20人くらいになってることがあるんですが、ありゃ何なんでしょ。更新もしてないのに。エキブロさんの仕様なのかな。

アイマスはときどき動画を作りたくなりますが、そのどれもが現状への不満が根にあるものということもあり、動き出すには至っていません。まあ、今さら「無印のころの真のセンスはまともだった、お前らが一日署長のコミュだけ見て晒しものにするからこんなことに」みたいなノベマス作ってもねえ。どーせ埋もれるし埋もれたらまた凹むし。っていうかこれにほとんど反響が無かった時点で、私の中の真像が今のファン層に必要とされてないのは最早明白。

……ほんとなんで私の動画はあそこまで例外無く伸びなかったかな。っていうかコメントが貰えなかった。技術が無かったせいか、テーマが直截的すぎたせいか、その両方か……両方か。

その真のキャラ改変にしたって、正しくは「増設」であって「改変」ではないんですよ。設定の追加。私にとってはカンタベリー大聖堂の上にディスコ造られた感覚だけど。いやより正しく言うなら、菊地真というキャラクターのもともと見えていなかった部分を、私は白と思い、公式は客受けのする赤に塗った。で、その赤い部分が大きなウリになってしまったというところかな。
その真っ赤なディスコが多くのファンに喜ばれてる現状、排除されるべきは私のような少数派なのです。私が黙れば平和なのです、というのは拗ね過ぎだけど。そもそも白だと思ってた私の認識が最初から間違ってたのかもしれないし。

もう二次創作はしない方がいいんだろーなあ。『まことへ』の続きとか、国綱P作品のスピンアウトとか形にしたいのはいくつも有るけど、正直あの世界と向き合うのが辛い。

――と、ちらっとでもアイマスのことを考えるとこんな感じになっちゃいます。公式さんが私の望む展開をしてくれるまでこんな感じなんだろうな。つまりはもうずっとこうか。情けなし~。
[PR]
by sasop | 2013-04-11 21:42 | ときどき雑記


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
巡回先
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧