さそり庵



<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


羽ばたけ三羽ガラス

木星三羽ガラスを仲間に入れたいんだけどダメかな

お陰様で、前回のお話は私の過去のアレを考えると人知を超えたご好評を賜りました。
もともと、三羽ガラスを何とかしてやりたくて作った(酷い)お話だったけど、なんか私の方がたくさん貰ってしまったなあと……一気に全数字、さそP作品中ナンバーワンだもんな。特にコメント1000超えなんて、文字通り夢想だにしなかったもの。
他動画にまで設定が感染するとか、もう超自然現象としか言いようがないわけで。いえほんとに。

でまあ、今回のお話はそんな喜びをくれた三羽ガラスにお返しというか、ちょっとでもあいつらを幸せにしたい気持ちから作ったものでした。それと、前回頂いた続きを希望されるたくさんのコメントに応えたい気持ちも大きかったかな……。
が、この全編ギャグパートってのは無理。もー無理。ネタが来ない限り二度とやんねw
投コメにも書いたけど、次回からはこれまで通りの湿ったノリに戻ります。
そんなかで、三羽ガラスがふらっと顔を出すことも有るでしょう。基本この手のアホの子だけど、私の動画だし、ちったあ真面目な顔もするのかな。って、前回のエントリで言ってたこととまた矛盾。いやあねえ、もう。

これからもよろしくな、三羽ガラス。また遊ぼー。

以下加湿仕様
[PR]
by sasop | 2010-09-30 20:38 | ときどき雑記

ある意味時事ネタ?

【新作】木星三羽ガラスはいつも楽しそうでいいよな

ろだスレでその素材を上げることすら躊躇われる風潮が出来ている木星三羽ガラス。
んでも、その空気は読む必要は無いだろう。多分。
個人的に、生み出されたこいつら自身は何も悪くないと思うのですよ。あちこちでさんざん指摘されてることだけど、中の人も含めてこいつらは間違いなく公式の被害者。どんな意図で作られた存在だろうが、野郎ども自身に罪は無い。
そんな不憫なカラスどもを、可愛がり、迎え入れてやらぬわけにはいかなんだ。

その結果がこれだけどな!

空気など読むな。公式など省みるな。木星だろうと小町だろうと、自分の感じた、自分の好きな、自分の世界のアイドルたちを思うがままに描き出せ! それで砕けりゃそれまでのことよッ!(なおこれはあくまでニコマスPとしての態度であり、四人のプロデュース不可の方針はいちプレイヤーとして断固として受け容れられません。前述のとおり)

――でも、今後の拙作のシリアスシーンで木星が出ることは絶対に無いだろうなあww
こいつらはこいつらで、毎日楽しく馬鹿やってる。うちの三羽ガラスはそーいう感じで参ります。よろしくね。
[PR]
by sasop | 2010-09-22 22:53 | ときどき雑記

本日エントリMk-2

全文折り畳み。

1.書きながらあれこれ考えていたため、中盤と後半で結論が逆転している
2.さっきのエントリと内容が矛盾している可能性が有る

ことに注意ー。ちなみにこの注釈は全文書き終わってから付け加えておりまする。
おりまするとか言えるくらい、こいつを書いていて持ち直しました。

More
[PR]
by sasop | 2010-09-20 21:24 | ときどき雑記

混乱未だやまず

長くて嘆きで涙目の長文。

もうそろそろ落ち着いて、動き出せると思っていたのに、全然ダメです。
「ニコマスPのみんながいるもん」と美希に言わせた自分が嘘みたいだ。嘘みたいな嵐を腹の中に飼ってる理由はとりあえずはっきりしたという内容。

More
[PR]
by sasop | 2010-09-20 18:09 | ときどき雑記

まさにやるしか無かったんだ

既にニコマス界隈でも大変なことになっておりますが、昨日の『事件』に関して思うところを、抗議文という形で公式に提出してきました。その全文をほぼ改訂無しで折り畳み先に貼っておきます。
とことんまで私個人の憤りの表明であり、決して万人の共感を得る内容ではないでしょう。相当余計なことを書いていると印象を受けられるかもしれません。特に後半。
発表された内容と、何よりその発表のしかたに対する憤りを率直に綴った結果です。
願わくばわずかでも、この声がアイマス2の方向修正の一助にならんことを。

【追記】
……やっぱいかんわ。Pを名乗るのは言語道断だった。どうしよ。最悪だ私。取り返しのつかない事をしたかな……。

本文
[PR]
by sasop | 2010-09-19 22:02 | ときどき雑記

えーと

あんだけわめき散らした手前、さすがにもう今日はついったーには書けないやんね……。

えー、未だに怒りが収まりません。生放送のときは虚脱感だけでしたが、ディレ1さんの記事を読んで爆発してしまいました。その辺の理由と向き合うことはまだしていませんが、多分、受け容れられなかったのでしょうね。公式の考えることが。

伊織たち四人をプロデュース枠から完全に外して、やることはそれか。やりたかったことはそれなのか。
ライバルとの戦いという燃えの要素を追求する。P不在の半年の間の、律子たちの動向を描きだす。
それは良い。
でも、そのために四人を削ることに意味は無いでしょう?

――オーケイ。わかってます。削ったつもりが無いことは。ストーリーにおいて、小町勢がおいしいとこ攫ってって独自の存在感を放つことは。まさかそれすら無いなんてことは有り得ないし、有ってはならない。我々がどう足掻こうと絶対に作り出せないような最高のシナリオが用意されているのは間違いありません。だって四人をプロデュース枠から外さなければ描けないようなシナリオですから。当たり前です。決まってます。

失礼。書けば書くほど怒りが湧いてきてどんどん文章が長くなりますね。

つまり、プロデュースしたいんです。開発の理念とか、そういうのどうだっていいくらい、四人をプロデュースしたいんです。ねえ、アイドルマスターって、ファンと一緒に作ってきたものでしょう? 公式の理念が、ファンの希望を上回ってもいいんですか? それじゃ同人活動と同じじゃないですか。
[PR]
by sasop | 2010-09-19 00:23 | ときどき雑記

アイドルマスター2 3rd&4th PV感想箇条書き

これだ。今日、ついったーに激流を起こしたこれだ。

よく言われることだが、ついったーを始めてしまうとブログが放置気味になる。なにせあっちは拙宅に足を運んで頂かなくても読んでもらえるのだから、信頼度? という意味で存在感が増してしまうのはちかたのないところであろう。
ただやはり長文には向かん。例えば今回ほどの文量を、何回かに分けて延々とつぶやき続ければフォロワーの皆さんにはさぞ鬱陶しく映ることだろう。ブログの役割は、依然変わりなく断固として存在する。

それはさておき、そういう長文になったのでおりたたーみ。

ずらずら
[PR]
by sasop | 2010-09-16 13:02 | ときどき雑記


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30