さそり庵



カテゴリ:ときどき雑記( 348 )


なんとなく思いついたフレーズ

「星へ還るんだな・・・お前にも担当アイドルがいるだろう・・・」

なに、意味は無いよ。
[PR]
by sasop | 2013-02-23 20:49 | ときどき雑記

もばば

薩摩おごじょの若林智香嬢。もぜー(かわゆい)。

彼女が一回でも「んだもしたん」とか「あいたもー」言ったら彼女だけを目当てにモバマス始める、かもも。

智香さんは誰かを応援することが好きだとか。鹿児島弁で「頑張って」は「気張いやんせ」、「お疲れ様でした」は「おやっとさあ」。
響もうちなーぐちで沖縄キャラを前面に出してるんだし、智香さんも言いやんせ。
まあ、最近の17歳は鹿児島弁使わないけどな!
[PR]
by sasop | 2013-02-21 23:49 | ときどき雑記

ロマキャン

人間の心を持った節足動物としてお馴染みの私でございますが――

という出だしではじまる嫉妬にまみれた記事を書こうと思ったら、そのすっとぼけた文面に自分で笑ってしまって続ける気が失せた。

それくらいには安定したメンタル。
[PR]
by sasop | 2013-02-19 23:05 | ときどき雑記

Happy birthday!!

to 平田宏美さんッ!! &おしるPーッ!!!

そしてなんと、平田さんのお腹の中に赤ちゃんが! そこに平田ベイビー!
既に6ヶ月になっているとのことです。こいつはめでてぇーぜーッ!!(>◇<)ノ

わーいっ!
[PR]
by sasop | 2013-02-19 00:26 | ときどき雑記

すくりゅうどらいばー

五年だかニコマスにいますが、カクテルをリアルタイムで追いかけるのはほとんど初めての私です。
ダンスPVはニコマスのメインストリームから外れて久しいとか偉そうに思っていましたが、こう見るとやっぱりきらきらに輝いてるなーって。

ジュピターの動画もまた作りたくなったりなんかしています。
――いやいや、嫌いになんかなってないから。私は私なりに、あいつらのこと好きだから。

でもその好き方が生臭いんだよ私の場合。青臭いんじゃなくて生臭い。におい立つ悪臭。いや腐ってるわけじゃなくって。
うーむ。
[PR]
by sasop | 2013-02-18 01:45 | ときどき雑記

びでーっ!(・◇・)

アル・ヤンコビックのEat Itで爆笑してたら原曲が聴きたくなって、久しぶりにCDを回す。

へびろてなう。
肩を「ぽん」て叩いて、いいこと教えてもらった気分に。

ところで、マイコーの誕生日は8月29日。これは某王子様アイドルと同じなんですよね。今さら今さらですが、素敵な話ですね。
[PR]
by sasop | 2013-02-14 22:30 | ときどき雑記

セイントッ!

ふと思いついたので、掌編なんか描いてみたりして。

チョコの基本は湯煎なの

描き終えてから、「なの」は「だぞ」だったかなーと思わなくもない。まあ良い。みきゆきコンビ可愛い。

そういえば、今日は某世紀末救世主(笑)のお誕生日(公式プロフィール準拠)ですねえ。
うんむ、おめでとう北斗。何かと大変な毎日だけど、お前さんがずっと笑顔でいられるように祈っておるよ。
[PR]
by sasop | 2013-02-14 00:28 | ときどき雑記

ふと

もーいっかいノベマスを作りたいような。そんな。

再生数30、コメント2、マイリス1(セルフ)くらいになるかな。そんな感じのお話の構想が、最近むくむくと湧いて出ております。pixivに小説投稿でもいいんだけど、これに限ってはノベマスとして世に出したいな、と。
私がこういう言い方すると嫌な含みにしかならないな(笑)。

本当にやるかは未定でござんす。
まあ所詮、大時代的なインターフェースの、ニコマスの埋め草が一本増えるかどうかというところ。気にするほどのことでは。
[PR]
by sasop | 2013-02-12 22:47 | ときどき雑記

今もこそこそ模索中

ツイッターは呟かなくなっただけでちょいちょい覗いておりまする。ふぁぼられたりした人はヒヤッとするでしょうが、絡むことは決してしないので気にしないで頂ければとても嬉しく。

冬フェスが終わり、アイマスの今後の方向性がなんとなく予想できたところで、改めて自分の来し方に思いを馳せてみたりとか。

結局、私はどうすればよかったのかなと。『2』以降、アイマスとどんなふうに向きあうのが正しかったのか。

「自分の中のアイドルを大事にし、周りや公式がどうあろうと気にしない」
「流行や公式に同調し、古いイメージにこだわることなく柔軟に楽しむ」

本当は前者に徹したかった。けどそれもできなくて、どっちつかずの宙ぶらりんのまま、延々と「これじゃない、今はおかしい」と不満をため込んで、ツイッターで愚痴を吐き続けて。

どうすればアイマスを好きでいられるか、わからなくなったんですね。アイマス2が世に出てから。公式展開しかり、ファンアートしかり、自分の理想とアイマスの世界がもの凄い速さで乖離していって、足掻いても足掻いても、手繰り寄せることも同調することもできなくて。――そりゃあもともと完全一致なんかしてはいなかったけれど、手の届かない、肌に馴染まないものに一気に変わってしまったというか。
それでもアイマスをあきらめられなかったというのだから、呆れたもので。

その「諦められない」気持ちが動画や小説の制作につながっているうちはまだ良かったけれど、いろいろあって愚痴しか吐かないようになってしまうと、自己嫌悪がどんどん大きくなる。
ドツボに嵌まる。

結局は、私自身が半端だったのが一番いけなかったのでしょう。割り切るなら割り切る。慣れるなら慣れる。抗う(笑)なら抗い続ける。そのどれもが徹底できなかった。ひとつでも貫いていれば、形はどうあれ心の底ではアイマスを楽しんでいられたのに。

……でも、なーんとなく、これからは無理せずうまいことアイマスを好きでいられる(こう言うと語弊があるけれど)やり方が見つかりつつはあるのですよね。ようやく取捨選択ができるようになってきた。ような。

劇場版キービジュのりっちゃんに「かっけえ」と笑顔になってるあたり、脈があるというか救いようも無いというか、ううむ。
[PR]
by sasop | 2013-02-11 21:25 | ときどき雑記

冬フェス出の情報を眺め見て

冬フェスで明かされた情報は、
・劇場版制作決定
・グリー版アイドルマスターの仕様
だったのかな。

グリマスはやらないから何ともいえませんが、劇場版は素直に楽しみです。コピーは「私たちの新しい夢」で、PVでは「REST@RT」を標榜していましたね。はっきり言って「REST@RT」って言葉には「団結」と同じくらい悪い印象しか無いのですが(笑)、A-1さんなら大丈夫でしょう。大丈夫。あの人たちは竜宮小町&律子Pという超あかんたれ設定ですら世界観に馴染ませてくれたんだから。きっと素晴らしいものになる。内容に不安はまず有りません。問題は公開時期がいつかということ――早くても年末くらいかなあ?
って、そんなふうに熱い期待を寄せてしまうのがいかんのだ。クールにクールに。わくわくするのは映画館の席に座って上映が始まってからにしましょうそうしよう。

んで。
今回の情報二つ並びで感じたことですが、今後アイドルマスターの「世界」を描いていくのは、完全にアニメの役割になっていくのかなと。ゲーム(コンシューマー)はアニメが描いた世界観をDLCで落とし込む、言ってみればステージ専属のポジションになる。どちらがメインということでなく、アニメとゲームで分担してこのコンテンツを続けていく。そういうビジョンがぼんやりと予想できました。以前ツイッターである方が示された通りの(ですよね?)ものが見えたなあ。
――アニメ展開が銀幕版で打ち止めということも大いにあり得るし、グリー版の仕様を見ると、全くそれだけでもなさそうですけどね。聞けば765プロに新人アイドルどっさりだとか。どうせ人物描写なんてまともに出来やしないんだから、なるべく足を引っ張らんでほしいもんです。まあ、それこそ「自分の中の765プロ」から隔離すれば良いだけか。それが出来るようになろうね私。

何だかんだで密かに「来るか」と疑っていましたが、『3』のことは当分忘れて良さそうです。というか、忘れた方が良さそうです。どうやらゲームとしての開発の力点は完全にソーシャルに移った様子、ナンバリングタイトルの動静に期待するのは見当はずれも良いところ。
まあ、間が空けば空いただけ、佳いものが出来るという見方も――いやそれは無いか――とにかく、正統続編(に位置づけられるもの)は当面無し。もしかしたら永久に無いかもしれない。ご時世を考えれば充分にあり得ると。仮に有っても、私が「期待」するものが出て来るかというと……ねえ?(苦笑)

もうゲームコンテンツとして見るべきではないのかもしれません。少なくとも私は、その方が幸せかな。
[PR]
by sasop | 2013-02-10 22:23 | ときどき雑記


からっぽなう
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30