さそり庵



2010年 09月 19日 ( 2 )


まさにやるしか無かったんだ

既にニコマス界隈でも大変なことになっておりますが、昨日の『事件』に関して思うところを、抗議文という形で公式に提出してきました。その全文をほぼ改訂無しで折り畳み先に貼っておきます。
とことんまで私個人の憤りの表明であり、決して万人の共感を得る内容ではないでしょう。相当余計なことを書いていると印象を受けられるかもしれません。特に後半。
発表された内容と、何よりその発表のしかたに対する憤りを率直に綴った結果です。
願わくばわずかでも、この声がアイマス2の方向修正の一助にならんことを。

【追記】
……やっぱいかんわ。Pを名乗るのは言語道断だった。どうしよ。最悪だ私。取り返しのつかない事をしたかな……。

本文
[PR]
by sasop | 2010-09-19 22:02 | ときどき雑記

えーと

あんだけわめき散らした手前、さすがにもう今日はついったーには書けないやんね……。

えー、未だに怒りが収まりません。生放送のときは虚脱感だけでしたが、ディレ1さんの記事を読んで爆発してしまいました。その辺の理由と向き合うことはまだしていませんが、多分、受け容れられなかったのでしょうね。公式の考えることが。

伊織たち四人をプロデュース枠から完全に外して、やることはそれか。やりたかったことはそれなのか。
ライバルとの戦いという燃えの要素を追求する。P不在の半年の間の、律子たちの動向を描きだす。
それは良い。
でも、そのために四人を削ることに意味は無いでしょう?

――オーケイ。わかってます。削ったつもりが無いことは。ストーリーにおいて、小町勢がおいしいとこ攫ってって独自の存在感を放つことは。まさかそれすら無いなんてことは有り得ないし、有ってはならない。我々がどう足掻こうと絶対に作り出せないような最高のシナリオが用意されているのは間違いありません。だって四人をプロデュース枠から外さなければ描けないようなシナリオですから。当たり前です。決まってます。

失礼。書けば書くほど怒りが湧いてきてどんどん文章が長くなりますね。

つまり、プロデュースしたいんです。開発の理念とか、そういうのどうだっていいくらい、四人をプロデュースしたいんです。ねえ、アイドルマスターって、ファンと一緒に作ってきたものでしょう? 公式の理念が、ファンの希望を上回ってもいいんですか? それじゃ同人活動と同じじゃないですか。
[PR]
by sasop | 2010-09-19 00:23 | ときどき雑記


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30