さそり庵



2009年 03月 25日 ( 2 )


ハイ、ターッチ!

イェイッ!やよいー!お誕生日おめでとうーっ!

天下御免(てんかごめん)のひまわり娘(むすめ)で、いつも元気いっぱいで、いろんな辛(からつら)さに負けない強さを持っていて。
そんなやよいを見ならわなくちゃと、いつも尊敬(そんけい)しています。
14歳の(?)あなたが甘えられる、優しいお姉ちゃんやお兄ちゃん、たくさんの家族に囲(かこ)まれて、これからもやよいがステキな時間をすごせますように。


【別件】
今日のNHK19:30からの特番……アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓、15の君へ~」に泣かされた……。
ただでさえたまらない曲なのに、これ観た後だったからますますね。
今後、あの歌を聴くたびに、この千早が目に浮かぶことでしょう。
こんな風に、「会えて良かった」って思える動画は大切にしていきたいですね。心の中でずーっと。
良い機会だから併せて紹介。同じく大切にしている動画がこちら。曲は岡本真夜さんの「tomorrow」。
それにしても、つけられたタグが「千早ファンの秘境」。秘境か。まったく素晴らしい表現だw
[PR]
by sasop | 2009-03-25 21:11 | ときどき雑記

「かっこいい」ということ(+アイマス相性診断)

WBCの決勝戦。月並みですが、イチローに激しく感動しました。
野球歴=年齢÷2の友人は岩隈に愛を叫んでおりましたが、とーしろのおいらはイチローなのです。

御存知の通り、大会を通じてずっと不調だった彼。
打って当たり前、何故打てないかと周囲からは叩きに叩かれ、そのくせ「チームリーダー」「世界のイチロー」と大看板ばかり押しつけられて。あまつさえ、ベンチも「イチローだから」と指示を出そうとしなかった(この部分、ソース曖昧。間違っていたらごめんなさい)。
どれだけ苦しかったでしょう。どれだけ孤独だったでしょう。一番苦しかったのは、一番助けて欲しかったのはイチロー自身だったはずなのに。
誰のせいにもせず、仕事をした。10回のツーベースはもちろんのこと、何回だったっけ、あのバントヒット。男の生き様とはあれを言うのだと、野球を知らないながら思いましたもの。順位決定戦の韓国戦でしたか、失敗に終わったバントのときもそう感じました。どんなに辛くても、失敗を続けても、自分の為すべきことを決して見失わない。何かのせいにして言い訳をしない。
あんまり映ってなかったけど、ベンチでの様子はどうだったんだろう。そこにいるだけでチームをまとめる求心力を持つ彼のこと、苦しい顔も出来なかったし、見せまいとしていたのではないでしょうか。その精神力。どれほどの、心の強さを持っているのか。侍ジャパンという呼び方は最後まで好きになれませんでしたが、鈴木一郎は「侍」なのだと今思います。

頬を叩かれた気分。「ああなりたい」とこれほど純粋な気持ちを持ったのは、いつ以来でしょうか。

ああそれにしても、そういう「侍」が数字(結果、ではなく)を出したことへの感動で、全然的はずれなことを書いてるかもしれないなあ。野球に詳しい方、不快に思われたらごめんなさい。「一球一球に意味が有る」ことがようやくわかってきた程度の、取るに足らない素人の戯言です。


あと別件。

KushioakPが面白そうなものをしてらっしゃったので→アイマス相性診断

「さそ」と「さそP」の二通りでやってみたら、なかなか愉快な結果が出たので折りたたみ先に貼り貼りです。

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)キャラ診断:診断結果

・さそをTHE IDOLM@STERのキャラに例えると 双海 亜美に近いです!

!?
[PR]
by sasop | 2009-03-25 00:41 | ときどき雑記


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
巡回先
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧