さそり庵



落とされーたー屈辱は~♪

富士見ファンタジア大賞に投げた小説が一次落選で返って来て軽く落ち込んでいる。
誰か慰めたまえ!(・◇・)

冗談冗談(笑)。いや、一時落選だったのは本当ですけれど。

ううむ、門前払いにされてしまった。一次審査に落ちるのは「語る価値無し読む価値無し、小説の体すら成していない」と判断されたものと聞いていますが、今回は思いきり鵜呑みにしようかと。

まあ、その何だ、普段からアイマス2のシナリオに文句垂れ流しておいて、自分で描いたらこの体たらくだったということです。口ばかり達者なトーシロが吠えてたもんですな、まったくお笑いだ。ノベマスをやっていたころも「何故自分の動画は伸びないのか」「反響が無いのか」とさんざ悩みましたが、答えはこれで決まり。単純にその価値がなかった。視聴者の心を動かさなかった。その程度のものでしかなかったからだ。

……と、八つ当たり気味の自虐はこのへんにして、次に向けて動き続けます。
そのニコマスPをやる時間を犠牲にしてやってることだし、花は咲かせたいですね。
アイマスからは逃げる、創作はものにならぬでは本当に救いが無い。シャントット博士に言わせれば「ゴミ以下ね」ということになってしまう。

とっくにそうかもしれないけんども。

ううむ、結局は全編自虐のエントリー。
落選直後ならこんなもんでしょう。

では、また。
[PR]
by sasop | 2013-04-25 16:21 | ときどき雑記
<< 輝きのこちら側から もう一度、自分らしく >>


からっぽなう
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
巡回先
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧