さそり庵



今もこそこそ模索中

ツイッターは呟かなくなっただけでちょいちょい覗いておりまする。ふぁぼられたりした人はヒヤッとするでしょうが、絡むことは決してしないので気にしないで頂ければとても嬉しく。

冬フェスが終わり、アイマスの今後の方向性がなんとなく予想できたところで、改めて自分の来し方に思いを馳せてみたりとか。

結局、私はどうすればよかったのかなと。『2』以降、アイマスとどんなふうに向きあうのが正しかったのか。

「自分の中のアイドルを大事にし、周りや公式がどうあろうと気にしない」
「流行や公式に同調し、古いイメージにこだわることなく柔軟に楽しむ」

本当は前者に徹したかった。けどそれもできなくて、どっちつかずの宙ぶらりんのまま、延々と「これじゃない、今はおかしい」と不満をため込んで、ツイッターで愚痴を吐き続けて。

どうすればアイマスを好きでいられるか、わからなくなったんですね。アイマス2が世に出てから。公式展開しかり、ファンアートしかり、自分の理想とアイマスの世界がもの凄い速さで乖離していって、足掻いても足掻いても、手繰り寄せることも同調することもできなくて。――そりゃあもともと完全一致なんかしてはいなかったけれど、手の届かない、肌に馴染まないものに一気に変わってしまったというか。
それでもアイマスをあきらめられなかったというのだから、呆れたもので。

その「諦められない」気持ちが動画や小説の制作につながっているうちはまだ良かったけれど、いろいろあって愚痴しか吐かないようになってしまうと、自己嫌悪がどんどん大きくなる。
ドツボに嵌まる。

結局は、私自身が半端だったのが一番いけなかったのでしょう。割り切るなら割り切る。慣れるなら慣れる。抗う(笑)なら抗い続ける。そのどれもが徹底できなかった。ひとつでも貫いていれば、形はどうあれ心の底ではアイマスを楽しんでいられたのに。

……でも、なーんとなく、これからは無理せずうまいことアイマスを好きでいられる(こう言うと語弊があるけれど)やり方が見つかりつつはあるのですよね。ようやく取捨選択ができるようになってきた。ような。

劇場版キービジュのりっちゃんに「かっけえ」と笑顔になってるあたり、脈があるというか救いようも無いというか、ううむ。
[PR]
by sasop | 2013-02-11 21:25 | ときどき雑記
<< ふと 冬フェス出の情報を眺め見て >>


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
巡回先
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧