さそり庵



筆の動くまま書きつづってみる

ヴァナ・ディールはVU後初の週末。
さぞかし賑わってることだろうなと思いつつ、課金もせずに『七人の侍』を観る私。声も出ない。
先日久々に『ラストサムライ』を観返したせいでついつい比較してしまうのですが、両作品は製作理念から何からあらゆる意味で真逆の様子。真逆ってことは似通った点も有るわけですよ。求心力とか。まあ、『ラストサムライ』は明治初期の時代背景を弄っていたりとか、突っ込もうと思えば突っ込める箇所が幾つも有るんで、そういうのを受け付けない人にはその限りではないのでしょうけれど。
私? 私は完璧に首っ丈でした。忍者が出てきても笑いすらしなかった。
ともあれ、どちらが良い、どちらが正しいということはなく、そもそも並べること自体が間違っている、正反対のふたつの『侍』像(『七人の侍』に関しては、侍たちより寧ろ百姓衆の描写の方がずっと印象深かったけれど)。未見の方は是非両 方 観 れ。

そして語りましょう、私と。

異なる侍像という意味では、やっぱ何つっても『壬生義士伝』は忘れられませんねえ。
映画版は原作を読んでないと説明不足、ボリューム不足は否めないと思うのですが、主演の中井貴一さんがもうパーフェクト。Perfectで(吉野の桜的な意味で)。謙さんもドラマ版で演じてらっしゃいましたが、吉村貫一郎役に関しては私は中井貴一さんを強く推すところ。斉藤一の唐沢寿明さんも格好良くてねえ……。
あ、そういえば私、『たそがれ清兵衛』まだ観てないや。あれもぜんぜん違う侍の姿を描いてるようだし、また今度観なくては。


話全く変わって、現在制作中の春香さんの物語。こちらは今日になってようやくテキストが出来たかな、というところ。全部で40分くらいのものになります。それだけの時間をかけて描くには、今さら今さらなテーマではありますが、自分の筆で描くってことに意味があると思ってるものですから。

どれ、まだ六時半か。ご飯食べて絵を作り始めようかね……。
[PR]
by sasop | 2009-04-11 18:26 | ときどき雑記
<< 千早ちゃん正座!そこに正座!(... バンナムPの馬鹿! >>


からっぽなう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
巡回先
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧